柏崎にて

柏崎は思ったよりも近くて、六日町から一時間半で到着。

市内の渋滞はFMピッカラの社長さんの先導で回避できました。

3年前の震災といい、今回といい、こうして日帰りでもいける距離に自分がいること。
自分は動ける状態で。
ひょっとして世界のどこにだって同じようにかけつけることはできるんじゃない?自分にはその時間もチケットを買うお金も用意できるじゃない…

と思ったりして。

FMピッカラさんでのボランティアは、私の方が勉強させていただきました。

仮設風呂の時間は?
家を片付けていたら子猫が出てきた!
道路の亀裂にタイヤがはまってしまった。
高速道路の無料の区間はどこでしたっけ?
今日から営業再開しました。
シャンプーを500円でしますよ。
炊き出しがもらえなかった。
ボランティアの人が家の片づけを手伝ってくれて助かった。
などなど、私が受けた電話の内容からもFMピッカラさんがどれだけ住民のみなさんに頼りにされているかがうかがえました。

それに即座に応える(すぐに調べてすぐに放送するスタッフの姿勢と連携)が素晴らしかったです。

取材させてくださいという全国各地マスコミからの取材もひっきりなしに。

FMピッカラのみなさんや、炊き出しの現場、自衛隊の様子、倒壊した家や商店街、記録に残したい場面はたくさんあったけど、写真は1枚しかとれませんでした。

取材禁止になった避難所があるとか、マスコミ合戦がすごいとか、避難所の人も取材に疲れているなんて声を聞いてしまったので。

e0124154_926441.jpg

[PR]

by community_cafe | 2007-07-21 22:22 | ほっとけない Volunteer  

<< ピザと八海山 明日、被災地へ >>