天の時、地の利、人の和

2009年NHK大河ドラマ「天地人」の原作を読みました。

「天の時、地の利、人の和、この三つが合わさったとき、はじめて物事は動くものだ。」

と直江兼続が石田三成に言ったことから、この題がついたようです。

ドラマのあまりのおもしろさに、つい先を待てずに原作を読んでしまった「篤姫」。

原作を読んだ後は、どうも純粋にドラマを楽しめない。

わかっていても読まずにはいられなかった「天地人」。

e0124154_12332847.jpg
e0124154_12333870.jpg


どうやら歴史にはまってしまったらしい。
[PR]

by community_cafe | 2008-07-12 22:22 | プライベート My Life  

<< 歌舞伎とBARで大人の週末 歌舞伎を観にいきます KABUKI >>